更新情報

【コラム】「塩」で太る?「トリセツショー」を見てビックリ!

コラム

こんにちは。埼玉県富士見市のスウェディッシュマッサージサロンMITSUKOの角森です。

今日は、「太らない」をテーマに書きますね。

2022年12月8日。NHK番組の「あしたが変わるトリセツショー」にはビックリしました。

1億本以上という、膨大な数の科学論文のデータベースを検索したところ、「塩(しお)が肥満と関連する」と言う結果がでたそうです。

ちなみに、「塩」、「肥満」、「体重増加」などのいくつかのキーワードで検索したところ、世界中から4,000本以上の論文がヒットしたと。

「塩」で太るメカニズムを解明したのは、コロラド大学のリチャード・ジョンソン教授。マウスを用いた研究で確認したと。

塩分を沢山摂取すると、食事でとった糖質を「フルクトース」と言う「糖」に変化させるスイッチがONになると。

「フルクトース」は、「糖」の中でも特に脂肪を蓄えやすい性質があるそうです。確かに、横軸に塩分摂取量、縦軸にBMIのグラフ(日本人)では、塩分摂取量の多い人がBMIの値が大きくなる傾向にあります。

リチャード教授によれば、「この傾向は、人間の進化の過程で生まれた、サバイバル・スイッチ」と考えていると。

太古の時代、干ばつの危機を経験したヒトの体は、水分確保のために脂肪燃焼させる(本来エネルギー源の脂肪ですが、脂肪燃焼の際にほぼ同じ量の水を体内で生み出します)ことを学習・進化したのだと。

つまり、「塩」の摂取量が増えると、血液中の塩分濃度が高くなり、進化したヒトの体は干ばつと勘違い。結果、いつでも自前で水分補給出来るように、脂肪を体に蓄えるのだと。
だとすれば、脂肪蓄積しない(太らない)ためにどうすればいいの?ですよね。

答えは「水」。これは、ドイツの公立小学校での実験。

公立小学校32校を2つのグループに分け、半分の学校にはウォーターサーバーを設置、水を飲むことを推奨、残りの半数の学校には何もしなかった。すると1年後、ウォーターサーバーを設置した学校で、肥満になった生徒が31%少なかったと。飲んだ「水」の量は、平均1日コップ1杯。

一方で、食事前に「水」を摂取するのもダイエット効果ありだと。

ただ、「水」を摂取し過ぎると、血液が希釈され過剰な摂取は死に至ることも。私は、病院で「1日1.5lまでにしてください」と言われました。また、腎機能の低下している人は要注意です。

PAGE TOP